Home > 読んだ本とか Archive

読んだ本とか Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

「世界ぐるっとほろ酔い紀行」みたいなタイトルがいい。

sake.jpg

世界ぐるっとほろ酔い紀行 という本を読みました。
毒韓 読感は後日。


それにしても最近は、同じ論調のビジネス書ばかりで
だいぶ食傷気味でございます。

たいてい『仕事がはかどる7つの法則』とか
人生を楽しむための5つの法則』とか。

いつの間にか、「○○この法則」っていうタイトルだらけ。



「○○こ」っていうなら、この際「うんこの法則」で良いのではないでしょうか。
  • 男子が胸キュンしてしまううんこの法則

  • 未来を予見するうんこの法則

  • 35歳で年収1000万円になるためのうんこの法則

  • 子供を伸ばすうんこの法則

  • ダ・ヴィンチから学ぶうんこの法則


法則法則言ってると、なんかえらくなった気分になった。
うんこの法則、おそるべし。

[pr]検索CD-ROM付き 世界の名酒事典 2010-11年版

宇宙の孤独

space.jpg

宇宙ヤバイですね。
2ch まとめブログでの【宇宙ヤバイ】に反応してしまうわたくしです。


wikipedia で「宇宙」とか「恒星間航行」とか「ワームホール」とか、
怪しげな情報から科学的根拠のある論文まで・・・

現在の理論では、今ある宇宙はビッグバンで作られたとかいうと、
「じゃぁその前は何があったの?」とか考えると寝られないくらいです。うそ。
ビッグバン以前の宇宙について教えてください。 -Yahoo!知恵袋


と、まぁ思いつつも、以前SF小説(タウ・ゼロ)を読んだままだったので、
あらたにロバート・A・ハインライン著の『宇宙の孤独』というSF小説を購入してみました。


刺激のある毎日だけど、さらに想像力をかきたてよう。
[AD]眠れなくなる宇宙のはなし

金日成(キム・イルソン)は中国人だった。

タウ・ゼロ

たぶん久しぶりにSF小説なるものを読みました。

タウ・ゼロ (創元SF文庫)


どうやってこの本を知ったのかは覚えてないのですが、
1992年に発売されていたそうです。

あらすじ

32光年彼方の乙女座ベータ星めざし、50人の男女を乗せて飛びたった恒星船〈レオノーラ・クリスティーネ号〉。だが不測の事態が勃発した。宇宙船は生れたばかりの小星雲と衝突し、バサード・エンジンが減速できなくなったのだ。亜光速の船を止めることもできず、彼らは大宇宙を飛び続けるしかないのか? ハードSFの金字塔。


とりあえず、面白すぎて3日間で読みきってしまった。


ノンフィクション意外も、たまには良いものだ。

スタバではグランデを買え!

スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学

久しぶりに経済関連の本を読みました。
身近な事例をもとに、経済学を易しく解説してくれます。

sutaba.jpg

本のタイトルの通り
・スタバではグランデを買ったほうが得なわけ
・100円ショップ内で買えるペットボトルを、なぜ店の前の自販機で150円で買うのか
・ケータイメーカーの料金体系は、なぜあんなに複雑なのか
・最新DVDがどんどん安くなるのはなぜか
などなど


一貫して言えることというのは、どんな売り物においても
価格差別ということが当てはめられるのです。

簡単に言うと、人それぞれの考え方がある。
ってことですかね。


まぁ、詳しくは本を買って読んでみてください。

才能、活かしてますか?


会社でもらった本です。
さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

「才能」って言うと世間一般的には、
・絵を描くのがうまい
・走るのが速い
・すばらしい歌声をもっている

など、いわゆる「天才」というカテゴリーと思われています。


が、この本で訴えているのは
「才能=性格」みたいな考え方です。

つまり誰しもが才能を持っていて、その数はだいたい5つになるとのことです。

本の中では、38個の才能について詳しく説明してあり、
それぞれの特徴やその人に任せるべき仕事、
他の才能とのマッチングなどが細かく記載されています。

たとえば「社交性」であったり「収集性」、「修復性」、「内向性」など。
一般的にネガティブな内容であっても、それはその人の才能であり、
他の人が持っていない強みであるということです。

才能にあった職場・趣味を持つことで
飛躍的に成果を伸ばすことができるとしています。

日本企業の研修でよくありがちな
「弱点を潰す」ことは絶対にしないそうです。

-----

この本で面白いところは、ただ読むだけじゃなくて、
本のカバー裏側にIDコードがありWeb でアンケート(テスト)を行います。
(運転免許を取る時の心理テストみたいなの)

その結果はWebサイトにログインすることで、いつでも見ることができます。

-----

ちなみにワタクシの才能は以下5つでした。
1.インクルーダ(包含性)
2.ポジティブ
3.適応性
4.調和性
5.社交性




テストは何十年も蓄積された世界中のデータが元になっていて、
内容は仕事に関することがメインです。

けっこう面白いですよ。

六本木の今、みたいな。


自転車で通勤すると、昼時にスイスイ行けてうれしい。


本をあさりに、テレ朝の裏にあるツタヤに行った。
ちょいと会社から離れているけど、自転車ならスイスイ(2回目)だ。

コジャレすぎて、少しビツクリ。

大きな地図で見る
スタバみたいなコーヒーショップと提携していて、
外では外国人がカフェタイムしている。

自分が飲食店を開いたら、きっと外に「サクラ外国人」を
置いておくことになるでしょう。


-----

主題はツタヤじゃなくて、この界隈のこと。

普段は気付かなかったけど、おしゃれビルが並んではいるものの
テナントがなくてガラガラの建物が多いのだ。

閉店していたり、そもそも家賃が高くてテナントが入らないのか。


会社の人に聞いたところによると、ここのところ
そういった傾向が大きくて、
六本木ヒルズの昼ごはんも、料理の質が大幅に落ちた店も多いとか。


1000円払って、脂っこい料理食べるくらいなら、
自宅でオニギリ作ってきたほうがイイ。

と、思いつつファーストキッチンで昼ごはんなワタクシでした。

[PR]eBOOK-OFF 1,500円お買い上げで送料無料♪

稲盛和夫「アメーバ経営」を読んでみた



稲盛 和夫:アメーバ経営―ひとりひとりの社員が主役



前職の部長が、「とにかく読んでみなさい」と
勧めてくれていた方の著作。


稲盛和夫氏は、京都セラミツク(現 京セラ)と
第二電電(現 KDDI)の創業者である。


生き方―人間として一番大切なこと」という著作で有名。


様々な経営手法と名言を残しており(まだご健在です)、
経営の神様と呼ばれるほど。


この本は、その経営管理システムとして独特の管理手法で有名な
アメーバ経営」について記してある。


アメーバ経営とは、アメブロとかは関係ない。(念のため確認)


簡単に言うならば『会社の中にいくつもの会社を作る』こと。

独立採算が可能なアメーバ(会社)を社内に作り、
個々のアメーバが最大限の力を発揮するように調整するのだ。

簡単な例を出すと
資材部門が社外から原料を購入する

製造部門が資材部門から原料を購入する
(=資材部門が製造部門に原料を販売する)

営業部門が製造部門から製品を購入する
(=製造部門が営業部門に製品を販売する)

って感じ。


その具体的な手法や社内調整の仕組みなどは
著作を購読してもらえればと思います。


-----

ワタクシ、活字が大好きでよく読むのだけれど、
けっこうすぐに影響されちゃう自分がイヤ。


旅する会社とは言わないが。


会社にあった、旅する会社 という本を読んだ。

サブタイトルは、

”(株)デジタルステージ代表 平野友康のすごいソフトウェア開発”

と言う。



250ページもの厚さだが、あっと言う間に読んでしまった。

書評などは、amazonのレビューに任せるとして、

こういう「あっという間に読める本」ってすばらしい。


こういう本、けっこう好きです。



韓国女性「厚化粧」の裏側 (小学館文庫)


「日本人から見た外国人」系の韓国版。


韓国といえば、整形美人だったり

法治国家ならぬ情治国家、なんて言われたりしますが、

長く韓国に住んでいたりと、韓国人女性と多くの関わりを持った

日本人女性からの視点。


amazonだったら1円で買えます。


英国人って誰や?


amazon のレビューを見て、

おもしろそうだったので購入。

「ニッポン社会」入門―英国人記者の抱腹レポート


読み終わったら感想書きます。たぶん。

Index of all entries

Home > 読んだ本とか Archive

自己紹介と当ブログについて

さんたく

Author:さんたく
中野が大好きな元Webディレクター。自己紹介をご覧ください。

そーしゃるさーびすとか
ざっくりしたカテゴリー
最近の記事です
アーカイブ

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。