Home > 2012年09月

2012年09月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

新井薬師でも飲んでるんです「ビー玉」

  • Posted by: さんたく
  • 2012-09-23 Sun 22:51:24
  • 飲酒

赤提灯


超古くて(ボロくて)あきらかに常連しか入れなそうな呑み屋って、どの町にもありますよね。店の前を通るたびに「どうして潰れないんだろう」と考えながらも、一方で店内からはしゃがれた笑い声が聞こえくる。私はそんな呑み屋を好みます。今回は、新井薬師前にあるそんなお店のハナシ。


新井薬師近辺では、よくカミさんと酒を飲んでいます。その帰り道で前々から気になっていた店に凸入してみることに。


ここ
新井薬師前:ビー玉


どうやらビー玉という店名のよう。一見すると、普通の居酒屋に見えなくもないです。ただ、電動の車イスで店に来ている客がいるあたり、地元感というか哀愁感があります。


店内はカウンターのみで10席もないくらい。おそらく1回だけ改装しているのであろう、思ったより普通の衛生レベル。この手の店では標準的なおばちゃんが切り盛りしています。


料理はほぼ300円?と異常にリーズナブル。安すぎて怖いくらい。この日はすでにホロ酔いだったので、刺身だけいただくことに。うん、普通。お酒はけっこう濃いですね。おばちゃんが「ウチの酒、濃いでしょ~ゲラゲラ」って豪語するだけはあります。ですが、まだまだ上はありますよ…。


お客さんのほとんどは常連です。そりゃそうです、電動車イスで来るくらいですしおすし


良い意味で予想ガイだったのですが、1点だけ気になる個所が。ウーロン杯のたぐいをもらうと、グラスの中に必ず青いプラスチックっぽい「何か」が混入しているということ。「氷をつくる機械のなにかか」「いや、この店独自のなにかか」と、カミさんと顔を合わせながらハナシしましたが、そういう無粋な質問はやめようと結論。


いいのです、このくらいミステリーなほうが。と、納得させて店を出るころには、酔いが醒め始めているというミステリーゾーン「ビー玉」でした。


みなさんの町にも、こんな居酒屋ありませんか?

新井薬師:れいちゃん


(追伸)新井薬師でレベル90の店は「れいちゃん」かなと思います。


アウターゾーン(1-15巻 全巻) - 楽天ブックス

フードプロセッサー超ヤバイ

  • Posted by: さんたく
  • 2012-09-02 Sun 17:51:08
  • 雑記

フードプロセッサー:tescom


ヤバイ、フードプロセッサーがヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。
フードプロセッサー超ヤバイ。

まず素材が粉々になる。とんでもない粉々ぐあい。超粉々。

いつだったか、道路に散らばったガラスの破片を見たJKが
「なにこれ超こなごな~☆」とか言っていた。
私は「粉々に超もなにもあるか!このカキタレが!」と心の中で念じたが、
今なら分かる。超こなごな~☆

鉛筆を手でバキッと折れるくらい簡単に言うと、もう餃子のタネ状態。超タネ。
もちろん粉々ぐあいは調整できる。粉々と言いつつもけっこう幅広くできる。
フードプロセッサーヤバイ、超調節。

しかも超早い。マジ3秒。これはヤバイ、3秒だよ。
タマネギを包丁で微塵切りにしようものなら、かるく数分かかる。それが3秒、超ヤバイ。
ジョジョで言ったらプッチ神父。動きが早すぎる。早すぎて見えない。超時短。
おメメも痛くならない。これは凄い。タマネギ切ったらフツー泣くっしょ。もう泣か
ない。
涙の数だけ強くなれるとか言った人がいるけど、あれウソ。目が痛いと気分下げポ
ヨ。

とにかく、フードプロセッサーのヤバさをもっと知るべき。
「手で切ったほうが美味しいし、成分もそこなわれないよ」なんて言う輩には、
美味しんぼでも読ませとけ。海原雄山の矛盾に気付くころ、楽天でポチってる。
フードプロセッサーはそれくらい凄い。超凄い。もっと広めたいのでリンク貼る。
テスコム フードプロセッサー Conomi - 楽天市場

※ネタ元は「宇宙ヤバイ」です。
宇宙ヤバイ - はてなキーワード

Index of all entries

Home > 2012年09月

自己紹介と当ブログについて

さんたく

Author:さんたく
中野が大好きな元Webディレクター。自己紹介をご覧ください。

そーしゃるさーびすとか
ざっくりしたカテゴリー
最近の記事です
アーカイブ

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。