Home > スポンサー広告 > 寝ても覚めてもだいたいハモンのことを考えています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://nominakano.blog105.fc2.com/tb.php/1069-e4f38415
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 中野で飲んでるんです(仮)

Home > スポンサー広告 > 寝ても覚めてもだいたいハモンのことを考えています。

Home > ハモン(生ハム)生活 > 寝ても覚めてもだいたいハモンのことを考えています。

寝ても覚めてもだいたいハモンのことを考えています。

2004年ポルトガル・スペイン旅行:ハモン・セラーノ

デイリーポータルZで、生ハムの原木を購入したエントリーが掲載されていました。
豚の足一本分のハムを買ってしまった - デイリーポータルZ

ここでいう生ハムとは、スペイン産の豚から作られたハモンのことです。

言うまでもなく、ハモンはとても美味しい。
自分がどれだけハモンを愛しているか、再確認してみることにしましょう。

ハモンとは

ハモンはスペイン語で「ハム(豚の後脚)」のことを指します。

塩漬けにした豚肉を長期間気温の低い乾いた場所に吊るして乾燥させる。主に改良種の白豚の後脚から作られ、イベリア半島原産の黒豚であるイベリコ豚から作られるハモン・イベリコとは種類が異なる。ハモン・セラーノは鮮やかなピンク色でやわらかい食感と塩味が特徴。

ハモン・セラーノ - Wikipedia

ハモンとの出会い

それは2004年の海外旅行。UEFA EURO2004を観戦するため、ポルトガルの首都リスボンに滞在し、その後、電車でスペインのマドリッド→セビリア→バルセロナと旅行をしました。

リスボン市内にて。ブルガリアサポーターもお祭りさわぎ。
ポルトガル:リスボンEURO2004


当時はまだ24歳(若い!)で、スーパーで購入できる生ハムのことは知っていていも、ハモンの存在など知る由もありませんでした。

これだけの荷物で8泊10日の旅行をしちゃうくらい若い。
ポルトガル:リスボンEURO2004


旅の行く先々で交わすビールジョッキと、共にオーダーするハモン。
これが私のハモン感を形成することになりました。(おおげさ)

これがハモンですよ奥様

その辺のBAR(バルと呼ぶ)やレストランの中に吊るされている豚の脚、それこそがハモンざます。

天使が舞い降りたような光景。
ハモン


豚の後ろ脚をそぎ落とすと・・



なんということでしょう!この色艶!
濃厚な風味と、とろける脂。これを食せずに生きていけるのでしょうか。
ハモン


何が書いてあるかよくわかりませんが、とりあえず「ハモン!」って気でも違ったようにお願いすれば大丈夫です。
ハモン


オリーブオイルをサッとひと回ししても、旨すぎる発見。
ハモン


店によって、使っているグレードもまちまちです。でも旨い。
ハモン


あまりの素晴らしさに手ブレするほど。
いわしのマリネも定番ですね。
ハモン



スタンドカフェのハムサンドは、ハモンではありません。
パンにハムを挟んだだけwパンは堅いのでさよならします。
ハモン

スペインの夏は暑い

フランス国境付近の内陸ではなく、地中海沿岸の都市においては、夏がとにかく暑い。日差しのあるところでは40度に達することも。

ほらほら!
ハモン


ただし日本と違って、とにかく乾燥しているので、あまり不快指数は高くありません。
日陰に入ればヒンヤリするほどです。

そのため、日中(14~16時ころ)はあまり屋外に人がいません。
みんな何をしているのでしょう。


そう、シエスタです。

と、いっても我々観光客にとっては馴染みのない習慣であるため、
パラソルのあるオープンBAR(バル)なんかでシェリーを飲んでマターリするのが吉。

ハモンとシェリー。
シェリーがあればハモンを欲し、ハモンが運ばれれば、そこにはシェリーがある・・もはや哲学的な問いと意識を持つ組み合わせです。
ハモン

ハモンを愛する

旅行を終えてから知ったのですが、今や日本でも社会的な地位を得いているイベリコ豚を使った「ハモン・イベリコ」と「ハモン・セラーノ」って、産地が違うみたいです。

でも、現地ではどちらを食べているかもわからないくらい、非常に美味でした。

以上、ハモンへの愛を再確認させていただきました。


レストランとバルでは、味のあるおっさんが多かったです。
ハモン


レアル・スペイン・ハモン・イベリコ協会!ハモン・セラーノスライス(生ハム)【大容量:250g】 - 楽天市場

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nominakano.blog105.fc2.com/tb.php/1069-e4f38415
Listed below are links to weblogs that reference
寝ても覚めてもだいたいハモンのことを考えています。 from 中野で飲んでるんです(仮)

Home > ハモン(生ハム)生活 > 寝ても覚めてもだいたいハモンのことを考えています。

自己紹介と当ブログについて

さんたく

Author:さんたく
中野が大好きな元Webディレクター。自己紹介をご覧ください。

そーしゃるさーびすとか
ざっくりしたカテゴリー
最近の記事です
アーカイブ

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。