Home > スポンサー広告 > たぶん猿でも分かる福島第一原発が『人災』だったと結論付けられた理由

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://nominakano.blog105.fc2.com/tb.php/1119-87ee0cea
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 中野で飲んでるんです(仮)

Home > スポンサー広告 > たぶん猿でも分かる福島第一原発が『人災』だったと結論付けられた理由

Home > 時事 > たぶん猿でも分かる福島第一原発が『人災』だったと結論付けられた理由

たぶん猿でも分かる福島第一原発が『人災』だったと結論付けられた理由

  • Posted by: さんたく
  • 2011-11-20 Sun 22:40:13
  • 時事

genpatsu02.jpg

どうやら、東電ばかりを叩いても仕方がないようです。

未だに「原発の事故は津波が原因」と考えている人は少ないと思いますが、経営コンサルタントの大前研一氏がデータをもとに仮説・検証し、事故の直接的な原因を明らかにしています。


原因究明のはじまり

大前氏は、事故直後の7月に細野原発担当大臣に提言し、ボランティアにより3か月で原因を分析し、再発防止策をまとめるとした。細野大臣は、「ぜひお願いしたい」と答え、原発関連企業(東電、日立 GE、東芝など)を集めて全面的に協力。結果、2か月ほどで作業は完了して、中間報告書を細野大臣に提出しています。


政府の説明に真実はひとつもないことが判明

まず、3月11日の18時過ぎにはメルトダウンが発生していました。そして翌日12日には、水素爆発が起きています。そもそも水素爆発はメルトダウンしないと起こりえないのですが、政府がメルトダウンの事実を認めたのは、事故から2か月後のこと。

政府が提出したIAEA(国際原子力機関)への報告書には、「事故の原因は想定外の津波によるもの」とあります。ですが、想定外の津波がきたと言っても、同じ地域にある施設でも事故を起こさなかった原発もあるのです。


なんで第一原発だけ事故った?

日本の太平洋側に位置する原発は、福島第一も含めて相当数あります。
JAIF(日本原子力産業協会)のWEBサイトに、原発の地図が掲載されています。

日本の原子力発電所の立地点 - JAIF
日本の原発地図

これを見てわかるのが、事故を起こした福島第一原発の付近には、津波によるメルトダウンのリスクが高い原発が複数あることです。同県の福島第二原発、宮城県の女川原発、茨城県の東海原発がこれに相当します。

なぜ、福島第一だけ事故を起こしたのか(水素爆発があったのは全6機中、1~4号機)。そこに直接的な原因があるのではないでしょうか。


明暗を分けたのは「電源」

genpatsu03.jpg

福島第一原発の1~4号機と、他の原発にどうのような相違点があるのか。分析が行われたところ、ひとつの答えが見つかりました。それは、「電源を失ったかどうか」です。これは、「電源がある=原子炉に非常用の冷却水を送るポンプが動いたかどうか」を意味しています。

すなわち、福島第一原発の1~4号機は、電気を供給するラインがひとつも残らず、結果的に水素爆発を引き起こしたということです。実は5・6号機も、1~4号機と同様に地震で変電所が壊れて外部交流電源を失っていました。ですが、6号機の非常用ディーゼル発電機が1台だけ生存。これが5号機にも電力を供給して冷却し、冷温停止にすることができたのです。

その発電機が生き残ったのは、単純にほかの発電機と違い、水没しない箇所に設置してあったから。空冷式の発電機だったため、高所に置いていたとのことです。


あとから付け足した設備で結果が変わるということは…

ちなみにこのディーゼル発電機、6号機においては、少し前に原子力安全保安院から非常用発電機の増設を命じられて設置しています。その場では、コストの安い空冷を選択し、高所に設置したのが功を奏したという結果になったのです。

つまり、1~5号機の非常用電源の設置場所が悪い。という、設計思想そのものがおかしいということに気が付きます。原子力安全委員会の「設計指針」には、以下のようなことが書かれていました。

「長期間にわたる電源の喪失は、送電線の復旧または非常用交流電源設備の復旧が期待できるので考慮する必要はない」

「非常用交流電源設備の信頼度が十分に高い場合においては、設計上、全交流電源の喪失を想定しなくてもよい」


( ゚д゚)ポカーン

これが、福島第一原発の直接的な原因です。
電源がすべて失われることは想定しなくてもよい。と記してあります。そう指針に書いてあるので、日立も東芝も、そのとおりに原発をつくったのです。誤った設計思想による「人災」であることがわかります。
(PDF)発電用軽水型原子炉施設に関する安全設計審査指 - 原子力安全委員会
てか、この文書「想定」っていう表現が24回も出てくるw


だれが悪い

いろいろ細かい部分を端折っちゃいましたけど、原子力安全委員会を管轄しているのは、経済産業省です。

東電ばかりを叩いても、自体は好転しません(このような事態で、社員にボーナス支給ってのは、あまり良い気分ではありませんが)。そもそも、国内の地域を分割して、1社に独占させる電気事業法(昭和39年)の内容が(ry

大前氏の中間報告書は、以下から閲覧できます。
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか - チームH2Oプロジェクト

もはや原発は、SL蒸気機関車と同様に、淘汰されていく運命にあると思います。でも、日本には原爆が必要だと考えます。みなさんは、どう考えるでしょう。

ガイガーカウンター 放射能測定器 - 楽天市場

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nominakano.blog105.fc2.com/tb.php/1119-87ee0cea
Listed below are links to weblogs that reference
たぶん猿でも分かる福島第一原発が『人災』だったと結論付けられた理由 from 中野で飲んでるんです(仮)

Home > 時事 > たぶん猿でも分かる福島第一原発が『人災』だったと結論付けられた理由

自己紹介と当ブログについて

さんたく

Author:さんたく
中野が大好きな元Webディレクター。自己紹介をご覧ください。

そーしゃるさーびすとか
ざっくりしたカテゴリー
最近の記事です
アーカイブ

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。