Home > スポンサー広告 > 適切な表示が求められる健康食品の体験談(口コミ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://nominakano.blog105.fc2.com/tb.php/1154-96587d25
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 中野で飲んでるんです(仮)

Home > スポンサー広告 > 適切な表示が求められる健康食品の体験談(口コミ)

Home > 健康増進法 > 適切な表示が求められる健康食品の体験談(口コミ)

適切な表示が求められる健康食品の体験談(口コミ)

体験談(口コミ)

健康食品やサプリメントの業界では、体験談(口コミ)が溢れかえっています。きちんとした使い方をされていれば、売る側も買う側もメリットがある体験談コンテンツ。ですが、場合によっては健康増進法でいうところの、虚偽誇大な表示とみなされる可能性があるので注意が必要です。


健康増進法で規制される広告の範囲

食品として販売される物が、健康増進法による規制の範囲です。日本の法律では、人間の口に入る物は大きく2つに分類されます。ひとつは医薬品。もうひとつは食品です。医薬品を除いて、健康食品を含むあらゆる食べ物の広告表現が対象となります。
ちなみに、いわゆる薬事法に抵触するような表現(医薬品的な効能効果を掲載するなど)をしている場合で、かつ食品として明示されて販売されている時は、薬事法はもちろんのこと食品衛生法の観点からも指導を受けます。


間接的な表現の規制

体験談(口コミ)

体験談(口コミ)は、「間接的に健康保持増進効果等を表現」するひとつの手段です。これは、直接的ではないけれども消費者が広告として認識する内容のこと。体験談以外ですと、商品名やキャッチコピー、配合成分の説明書き、研究機関等によって効果等が認められているものなどが挙げられます。


ぶっちゃけどんな体験談はNG?

体験談(口コミ)

当たり前だろ!っていう感もある内容ですが、次のような体験談は健康増進法に抵触する可能性があります。

●体験談がそもそも存在しない

●体験者や推薦者が存在しない

●都合の良い箇所だけを抜粋して掲載する
例えば、体験者は運動をしながらダイエット食品を摂っていたにもかかわらず、運動したという箇所を削除してあたかも健康食品を摂っただけで痩せたように掲載する。

●効果に科学的な根拠がない
健康食品は効能効果を標ぼうすることができません。体験談はあくまで利用者個人の感想ということ。例えば「友人が糖尿病に効くと言っていたので試したら、病巣が小さくなったんです!」→これは薬事法違反でもありますね。

このなかで、気を付けるべきは「科学的根拠がないことは掲載しない」というくだり。科学的根拠とは、ざっくり言うと再現性のある実験をした際の事実です。偶然や作為性をできるだけ排除して、一定の法則をもつ統計的な事実にもとづいた情報のこと。健康食品は医薬品と違って効能効果が科学的に実証されていないため、ある人にすごく効果のあった内容を、あたかも誰にでも効くような表現(体験談でもNG)をしてはいけないということです。

消費者を守るためにある規制ですから、しっかり理解して取り組んでいきたいものですね。

男子はみんなBL!! 本当にあったBL目撃体験談 - Amazon

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nominakano.blog105.fc2.com/tb.php/1154-96587d25
Listed below are links to weblogs that reference
適切な表示が求められる健康食品の体験談(口コミ) from 中野で飲んでるんです(仮)

Home > 健康増進法 > 適切な表示が求められる健康食品の体験談(口コミ)

自己紹介と当ブログについて

さんたく

Author:さんたく
中野が大好きな元Webディレクター。自己紹介をご覧ください。

そーしゃるさーびすとか
ざっくりしたカテゴリー
最近の記事です
アーカイブ

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。