Home > スポンサー広告 > 夜青龍になればいいじゃない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://nominakano.blog105.fc2.com/tb.php/869-1169cb0d
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 中野で飲んでるんです(仮)

Home > スポンサー広告 > 夜青龍になればいいじゃない。

Home > 時事 > 夜青龍になればいいじゃない。

夜青龍になればいいじゃない。

  • Posted by: さんたく
  • 2010-02-06 Sat 16:03:28
  • 時事
mrt0711301815016-p1.jpg

すっかり時の人となった元横綱の朝青龍
ブログはマネージャーがアメブロでやってます


この引退劇で分かったのは、やっぱり日本人は死者にやさしい。ということ。
欧米では、生前に犯罪や悪いことをしていれば
故人に対しても容赦なく攻撃します。大陸の文化ってやつですかね。

日本人(主にメディア)は、生前がどんなに悪党でも死んでしまった人に
対してはあまり攻撃しません。どこかで、死者というものを特別視しているのでしょう。

横綱が仮病で仕事(相撲)をすっぽかし、横綱が人を殴って怪我させたりしても、
メディアは「優秀な人だったのに残念」「相撲界はおしい人を失った」とか。

まぁオリンピック前に選手がテレビに祭り上げられて、調子を出せずに終わる
みたいな”メディアの犠牲になったのは、むしろ朝青龍のほう
そんな偽善はいりませんし。

今回の引退の引き金となったのは、横綱の暴行事件だったのは間違いないわけで。
ちなみに、被害者男性とは1500万円で示談が成立しているとか。
(それなら、殺人してもお金出せばタイーホされないってこと?)

-----

まぁ、なんだかんだ言ってイチバン涙目なのは相撲協会でしょう。
スポーツ業界ってのは、ヒール(悪役)がいてなんぼです。

昔は江川卓投手も、ファンから目の敵にされていました。
「とても憎い!でも強い!」そんなギャップがお客様を呼びこむのです。



この引退劇のタイミングで、朝青龍が相撲に返り咲くのは簡単です。

朝青龍のもとに、隠密でD通の営業マンが参上します。
そしてこうささやきます。

「横綱、日本の相撲界はまだ横綱を必要としています」

朝青龍はとうぜん、
「ばか言っちゃいけない。事件も起こしたし、しっかり引退宣言したし。」
「どの面下げて復帰できるっていうんだい。」


営業マンはこう切り出します。
「横綱、ぜひ相撲協会の批判をしてください。」
「たとえば、相撲協会は閉鎖的で相撲をダメにしている。とか。」


横綱ビックリ。でもそんなことできるわけありません。

すかさず営業マンは電卓を取り出し、桁の多い数字を見せます。
「これで、なんとか」
「もちろん、我々が完全にサポートします」







この数字に朝青龍が納得してくれれば、その後の段取りはスムーズに運ぶでしょう。

史上初、元横綱が相撲協会を批判

相撲協会・メディアがこぞって朝青龍をバッシング

日本の相撲をなんとかする、みたいな感じで引退撤回

その後の場所は満員御礼確定


横綱も相撲協会も、ファンもみんながハッピー。たぶん。



朝青龍自身が、すでに日本という国や協会に見切りをつけていたらダメですが。。。

[AD]横綱 朝青龍

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nominakano.blog105.fc2.com/tb.php/869-1169cb0d
Listed below are links to weblogs that reference
夜青龍になればいいじゃない。 from 中野で飲んでるんです(仮)

Home > 時事 > 夜青龍になればいいじゃない。

自己紹介と当ブログについて

さんたく

Author:さんたく
中野が大好きな元Webディレクター。自己紹介をご覧ください。

そーしゃるさーびすとか
ざっくりしたカテゴリー
最近の記事です
アーカイブ

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。